旬の野菜と危険な野菜

夏野菜には体を冷やす働きがあるそうです。夏野菜の例を挙げると、キュウリ、ナス、トマト…等‥夏に食べるとおいしい野菜です。これらは体を冷やしてくれる働きがあるそうで、だから夏にはこれらの野菜を食べたくなるのですね。つまり体が欲しているのでしょう。体を冷やしてくれるだけでなく、夏の暑い真っ盛りの時に体が欲しがるビタミンやミネラル分の補給も同時にできて、実に有難い野菜達なのです。冬野菜はその反対で体を温めてくれますよね。冬野菜は根菜野菜が多いのが特徴です。大根はその代表です。野菜って旬に食べるのがやはり一番ですね。

と、ここで注意点です。数ある野菜の中で時に毒性を持っている野菜があるのをご存知ですか?ジャガイモの目のソラニンが有名です。ソラニン以外でもインゲン豆の種にも毒性があることを知っていますか?インゲンマメの種には毒性を持っているものがあるのです。だからインゲン豆を食べるときはしっかりと熱で茹でることが大切です。茹で方が足りないと毒性を無くすことが出来ないとか…。野菜をおいしく食べたいのなら時期と調理法をしっかりと分かっていないとだめですね!